スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルティ:1000戦を終えて

ギルティでランクプレマ合わせて大体1000戦しました。
ランクの勝率は15%です。コツコツやってればいつか勝てるのだろうとは思っているものの、さすがにもっと勝ちたい。
去年のウタントンでも.240ありますからね。今年はスタントンに回帰してなんかダービーダントツトップですが。全体2位(ア・リーグ1位)のジャッジも凄いんスけどね。

で、今できること・やってることをざっくりまとめてみようと思います。なんか見えてくるかもしれないし、今後のモチベに繋がるかもしれないし。(記事を考えついてから少し対戦数が増えましたがまあ誤差でしょう)

立ち回り(※右矢印【→】はヒット時非コンボの連携)
・主に遠S、2S、畳(キレ・低ダ含む)、蚊鉤、JS、JHSを使用
  ・遠S→蚊鉤 or スズラン
  ・2S>2HS>スズラン
    ・2Sカウンターまたは2HSヒット時:六根に派生。2HSガード時:投げ
  ・畳はとりあえず撒いてます。時々痛いやつが確る。
  ・蚊鉤→鉄山 or 通常技 (蚊鉤派生六根とかヒマワリはあんまり使わない)
  ・JS>JD
  ・JHS>5K~六根 or 畳

2HS>スズランのヒット確認はまだまだ精度が低い。しかしミスっても特別ペナルティがあるわけじゃないので気楽に出来るのがいいところですね。ヒット確認全般の練習にもなりそう。
また、スズランの前の通常技ガード時にスズランから打撃と投げの二択をしかけられるようにしたいところです。特にサクラをしっかりカウンターさせたい。(現状はガード時スズランからは基本投げの一択。)
キレ畳も低ダ畳(前後ろ裏周り含)も全部精度が悪い。立ち回りでは低ダ畳が何かと有用な気がしているので、最近は低ダ畳の練習に時間を割いていることが多いです。
飛び込みはJP or JS>JPJKからの中下択なども取り入れていきたい。
JHS>畳はやろうとしてるだけでいまいちうまくいきません。畳の発生前に地面に降りちゃう。
梅喧の特徴とも言えるアザミ、全然使ってあげられてません。そもそもなかなか当身が取れないのと仮に取れても技が出せないので今は封印状態です。そろそろ使い始めたいけど使い方がよくわかんない。

起き攻め
・畳重ね
  ・2K~六根 or JD
  ・スズラン→投げ or 打撃
  ・低空ヨウザン (滅多に使わない)

詐欺飛びとか小技重ねとかジャンプからの中下択とかは全然やってません。少しずつやってかないといけませんね。
あと5Pガンガン使っていきたいですね。

その他
コンボは基本簡単なやつしかしてません。最近少しずつ難しめのやつも取り入れていこうとは思ってます。浮かせたあと近Sのところを6HS口無に変えたりなど。
画面端でコンボ中にS蚊鉤でダブルアップ狙うことがあります。が、よくラムが補正切りのことでキレられてるので積極的にやるか控えめにするか迷ってます。まあやつはちょっと話が違うかもしれんけど。
ゲージを余らせてしまう傾向がとても強い。しかしどこでゲージ使えばいいのかよくわからない。殺しきりで天地人したりはしますが、ロマキャンとか使い所がわからない。
防御面は書くほどのことをしてないのでそれだけダメダメだということです。梅喧の防御の低さと僕の防御スキルの低さが相まって一回捕まるとまじきついです。

まあ概ね以上でしょう。次回、進捗報告の記事書くときには少しでも進歩しているようにしたいと思います。
スポンサーサイト

First women-only esports car racing competition announced (Eurogamerより)

Eurogamerに面白い記事があったのでざっくり翻訳してみる。
記事タイトルはこの記事のタイトル通りです。


イギリスのSimBin StudiosがWomen and Wheelsという、初の女性のみ参加可能なカーレースゲームの大会を発表した。

この大会は、今秋、Steamにおいて期間限定で開催され、収益の一部を女性を対象としたチャリティーに寄付する他、レースや自動車の歴史においてあまり意識されてこなかった女性の役割に注目を集める中で、より多くの女性にesportsを楽しんでもらうことができるような、女性に優しい環境づくりを目的としている。

男性と、平等な場で競争できるにも関わらず、esportsのプレイヤーのうち、女性はたった5%しかいない。これは男性と女性の収入差や女性が受けるインターネット上のいじめからも推測できる。(*)

SimBin StudioのAllan SpeedはWomen and Wheelsは女性がesportsに参加し、女性に協力的な環境でスキルを磨くことを奨励することを目的としていると語った。最終的には、これらのイニシアチブが男女平等なesportsへの参加と競争に繋がることを目指す。

”(私達のゲームの)レース競技者のうち、およそ7%が女性です。信じられないことに、恐らくこれは平均以上なのです。”とSpeedは語る。”私達はもっと多くの女性に仮想のレースサーキット、そしてひいてはその他のesportsも楽しんでほしいのです。”

Women in GamesのCEO、Marie-Claire Isaamanは、女性限定の大会が必要なほど、ゲーミングコミュニティが厳しく、ミソジニスティックなものになれるのだということを思うのは苛立たしいことだと語った。

”esportsにおいて女性のみのチームや、リーグ、大会などが必要になるのは残念なことです。”とIsaamanは語る。”しかしゲーミングコミュニティが十分に成熟し、男女平等になり、インターネット上のいじめやミソジニーを失くそうとするまでは、そういった女性のみチームなどは、女性がコミュニティーを作り、自信を得、スキルを磨く場をつくり、より多くの女性を取り込む上で重要なものとなるでしょう。”

大会の賞品は、€3000のRacing Simulator Chair、Fanatec社製Racing WheelとPedalのセット二つとEpiphany Junkieによるコーチングプログラムなどとなっている。

Simbin UKは来年、PS4、PC、Xboneにて発売予定のGTR 3を製作中だ。


http://www.eurogamer.net/articles/2017-09-04-first-women-only-esports-car-racing-competition-announced


訳注
(*)原文ではchalked down toという表現が使われてるけど、翻訳がとても難しかったのでかなり意訳。なんかUrban dictionaryによるとアイルランドの方言らしいです。



続きを読む

ギルティの現状

ギルティやりだして結構経ったわけですが、自分自身で「改善したな」と感じる部分は増えてきてはいるものの、一向に勝率の上昇が見られません。とてもつらい。

対戦は基本的にランクマでやっています。対戦が終わった後すぐに技性能確認したりトレモでちょろっと練習したり調べたりすることがとてもやりやすいので、「格ゲー」をプレイすることができるようになるまでは今の感じでやっていこうかな、と。ただ、ランクマには勝ちたい人がとても多くて、時々クソプレイしかしないプレイヤーに出会ってしまうのが悲しいところです。いずれはどんなクソプレイをされても淡々とハメ殺せるようになりたいなあ、ぐらいに思いながらやってるわけですが、今の実力ではレバガチャボタン連打にさえ負けてしまうことがあるんですよね。そういう人には勝っても負けても成長してる実感が湧かないのでイマイチな感があります。かといってプレマではちまちま調べたり出来ないというジレンマ。うーん難しい。

対戦そのものに関しては、まだ全然「格ゲー」が出来ていないなあという感じがします。知識は全然ないし、確定ダメージはとれないし、読み合いとかもできないし、という。まあ知識なかったら読み合いなんて発生しないので当然なんですけど。
ていうかねー、格ゲーってやっぱりなんだかんだいって反応の良さは必要だと思うんですよね。この反応の良さっていうのは反射神経に限った話ではなくて、なんかもっと包括的な反応の良さっていうか。相手の戦い方に対応するなんていうのも広い目で見てみればこの反応の良さによるところが大きいんじゃないかな。機微を敏感に察知して反応していく、みたいな。自分はそういう能力がとても低い気がします。少なくともアーマードコア界では低い方。じゃあ上げろやって話なんですが、今のところは自分が見ている世界は他のプレイヤーが見ている世界よりもとてもぼんやりしていて少し遅れているのかなあ、っていう話。
ぽじてぃぶに考えると、ギルティを頑張ればこの能力が上がるはずなんですよね。そういう意味ではちょっと苦手な要素が重要っていうのも悪いことばっかりではないのかも。

まあ、そんなことを5000兆回考えてもプレイがうまくなるわけじゃないので、出来ることをやっていかないといけませんね。例えばヒット確認なんかトレモでも全然うまくいかないくらい苦手なんですが、ワンヒット確認できねーならツーヒット、ツーヒット無理ならryで最初は全然構わないじゃないかっていう。出来ることひとつひとつ丁寧にやらなきゃ。
そんなわけで、とりあえず前P対空出して低ダ畳重ねミスらんようにしたい。画面端コンボもミスらんようにしたい。梅喧の天地人威力高いしヒット確認も余裕があったらやりたい。

あとなんか、目の前の勝ちを追い求めるのはよくないっていうのが少し、以前よりもよくわかった気がします。
欲張らずに、でも自由に対戦したいなあと思いました。ちゃんちゃん。

ギルティとAC4配信の話

最近ゲームをする時間はほとんどギルティをやっているので、プレイ時間の割合的には格ゲーマーっぽくなってきました。動画を見るのも格ゲー(ギルティに限らず)、風呂に入ってる時とか寝る前に色々考えるのも格ゲー。格ゲー格ゲー格ゲー。

使用キャラは梅喧なんですが、どうも最弱らしい。早い内に強くなってうまくなるためには恐らくスタンダード系の強キャラを使うのが一番いいだろうことは想像に難くないんですが、如何せん梅喧がかっこよくて他のキャラを使う気になりません。
はじめてギルティの記事を書いた時に使ってたミリアは過去の女です。否、ミリア自身、特に目とか声とかは今でもとても好きなんだけど、髪の毛使って戦う不思議なところとか、操作スピードとかがあまり得手とするところではないというのが正直なところ。
その点梅喧は見た目よし必殺技よしで、操作スピードも十分自分に扱えそうな感じがするので、今のとこかなりしっくり来ています。現状最弱候補筆頭らしいのが唯一気にかかるところですね。とはいえ、次回の調整でまず間違いなく強化されるはずなので、その時までに一通り動かせるようになりたいなーって感じですね。あ、ちなみに梅喧に女性としての魅力はあまり感じないです。おっぱいでかいけど。似たような感じなら男キャラでも使ってた気がします。が、攻撃のエフェクトがピンク色なのにかっこよさを感じるのは女性だからこそなのかも知れません。

コンボは色々練習していて、出来なさ過ぎて凹んだりイライラしたりすることはだいぶ減りました。やっぱコンボがかっこいいとやる気が俄然湧いてきますね~。
で、最重要の立ち回りなんですが、これはよくわからない。そこで、有名な梅喧使いの人達のツイートを見てみると、彼らもよくわからないと言っているんですよね。当然隔絶たるレベルの差はあるわけですが、彼らですらわからないのなら自分は他キャラで立ち回りの基本を覚えるべきなのかも知れないとは少し思わされてしまいます。まだ今のところはボタンをガチャガチャ押してるだけみたいなところが多分にあるので、もう少し冷静に技を振れるようになったらサブキャラを考えてみるかも知れません。少し早いキャラ対にもなりそうだし。


話題を変えてAC4の配信をするとかしないとか言う話。いや、実は何回も今週末はやろうかなーとか考えていたんですが、自分のモチベとか告知してないとかという感じでタイミングが合わなかった感じです。AC4の放送の話を出した後にGGXrdrev2買っちゃったんで、それもある。
やると言った手前いずれやるつもりではいるんですが、実際いつやるのがいいんでしょうか。曜日もそうだし時間帯もそう。曜日は恐らく「金土日」のどれかがいいと思うんですけど、一番人が集まりやすいのはどれだろう、とか。時間帯は9時以降か9時以前か、とか。AC(アーマードコア)勢の人は教えてください。

ライグレ重二対レザの話

ライグレ重二でレザと戦う時に考えていることを書きます。

予備知識:
・ライグレ重二のダメージソース
ライフルは継続的にダメージをとることが出来る。でも高火力でも単発の威力が高いわけでもないので、相手の火力が高い場合にはライフルを当て続けるだけではいつか逆転されてしまう。
グレは威力が高い。でも当てにくいので、当たりやすい状況を作っていく必要がある。

・レザ持ちのEN
E回復がどれだけ速くても、E容量がどれだけ大きくても、レザを撃ちながら動くとE残量が減っていく。

・戦う場所
ライフルを活かすために開所。開所なんだけど、相手が距離をあけて遠距離戦をしかけてくるような場合に備えて、ある程度ビルに近い場所に陣取っているのがいい感じ。

実践:
・対Wレザ軽二(レザミサは話が別なので混同しないよう注意)
最初、WレザのE残量が多いうちは、グレを当てることよりも自分のAPを可能な限り保つことに注力する。しばらくするとWレザのE残量が減っていって、Wレザが地面についている時間が増えるようになる。ここで誤魔化されずにしっかりグレを当てていく。この時、グレは狙いすぎないようにする(数を当てないといけないため)。距離的には遠すぎず近すぎず、レザを十分に回避することが出来て、自分のライフルが当たりやすい距離を維持するようにする。

・対レザグレ重二
レザグレ重二はAPの幅が広い(46000台から49000台くらいまである)こと、レザグレ以外に何を積んでいるかという違いがあることなど、一概には言えないことが結構多いので、レザグレ重二がレザグレを構えている時にどうするかということをメインに書きます。
まずは遠距離戦でAP勝ちを維持する。(最初からAP負けてたら諦めてください。)しばらく遠距離戦をしていると相手が近付いてくるはずで、このとき相手のE残量を減らせるならば減らしておきたい(何かしらを撃って回避を迫るなど)。お互いがライグレ・レザグレをそれぞれ構えたら、基本的にはWレザ軽二と戦う時と同じ考え方で戦う。大きく違うのは着地時にグレネードを喰らわないように気をつけること。地上に降りる直前に自身のE残量が確保されているようにQBの回数を調整していく。QB一回だと意外とグレに当たることが多いので、Eに余裕がある時は横後ろ横の3連弾を使うと良さげ。
プロフィール

ヴァイズ

Author:ヴァイズ
以前のブログのIDにログイン出来なくなりました

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。